環境技術研究所

公正、厳重な分析で、環境への負荷を未然に防止します

施設運営とは一線を画した第三者的立場を確立する事で、環境保全を促進すると同時に、排出事業者・処理事業者にとっての利益を追求し、トラブルを未然に防いでいます。

高い分析能力が求められる業務のため積極的に社外セミナーにも参加。社内教育にも力を入れ、さらなる技術向上に努めています。

廃棄物分析

持込まれた産業廃棄物が、当施設で埋立て可能であるのか分析します。廃棄物に含まれる重金属(水銀、鉛、ヒ素など)の溶出量をはじめ、有害物質が基準値以下であるか再確認し、適正な廃棄物だけが最終処分されます。

水質汚染分析

高度水処理施設で浄化された水は、河川に放流されます。浄化後の水をサンプリングし分析施設で検査を行い、環境に負荷が及ばないよう、厳重な管理を実施しています。詳しくは、高度水処理施設のページをご覧ください。

高度水処理施設 水質検査結果内容

土壌汚染分析

当技術室は環境省が指定する、土壌汚染対策法指定調査機関に指定されています。依頼された土壌を土壌汚染対策法に準じた適正な方法で調査・分析します。 詳しくは、土壌汚染の調査ページをご覧ください。

土壌汚染の調査

環境技術室のご案内

〒989-3212 宮城県仙台市青葉区芋沢字青野木460-1
TEL:022-394-5502 FAX:022-394-5537


このページの先頭へ戻る